<<大人でもピロリ菌感染はあるの?>>

ピロリ菌の殺菌には抗生物質を使う

抗生物質は風邪の時や抜歯の際の化膿止めなど細菌の感染に対して処方されるものですが、ピロリ菌の殺菌のためにも使われています。
ピロリ菌の殺菌を行う時には、細菌の発育を抑えるものを1種類、ピロリ菌の抗菌作用を弱める作用があるものを1種類の合計2種類の抗生物質とその効果を高めるための胃酸の分泌を抑えるための薬の合計3種類の薬を飲むことになります。
それぞれの薬にも種類があるため、どのような組み合わせになるかは医師の判断によります。
服用の際には副作用が起こる可能性もあります。
主なものは服用中に下痢が起こります。
抗生物質を服用しているため腸内の細菌にその影響が及び、腸内環境が崩れてしまうことで下痢が起こりやすくなります。
他にも腹痛、味覚障害、アレルギー症状、発熱、蕁麻疹が起こることがありますが2~3日で改善することが多いと言われています。
不安な場合や症状がおかしいと感じた場合には医師に相談するようにしてみましょう。

ヨーグルトがピロリ菌には効果があります

ヨーグルトがピロリ菌には効果があります 近年注意が促されているのは、ピロリ菌があります。
自分が知らないうちに感染している可能性があり、生活環境によって左右されることと、また年齢によっても違いがあります。
このピロリ菌を放っておくと、慢性胃炎や十二指腸潰瘍などの他に、胃がんになるリスクが高いことがわかっています。
そのために、検査をしていくことで除菌をしていくことも必要になります。
しかし、必ず時も病院で処方される薬を使って除菌をすることで症状が回復するということではなく、何度も効果を確認しなくてはいけないこともあります。
最近では、食生活でピロリ菌に効果のある食材を取ることによって、改善を図ることを薦めています。
日常生活では、ヨーグルトなどの他に緑茶も効果がありますので、食事の時に取り入れることによって体内で変わってきます。
様々な見方がありますので、最新の情報を得ながら自然療法だとヨーグルトなどの発酵食品を取ることがベストだといえます。