<<大人でもピロリ菌感染はあるの?>>

大人でもピロリ菌感染はあるの?

今の時代、多くの方に胃の不快感などの症状が目立ってきています。
その原因の一つに【ピロリ菌】があります。
ピロリ菌感染は大人でもありうるのでしょうか?これは今、注目されている問題なのです。
ネットでは、さまざまな情報提供があります。実際に大人の方でもピロリ菌感染はありえます。しかし、子供と比べると【持続感染】しないと言われています。
今、50歳以上の日本人では70%の方がピロリ菌に感染している事実が報告されています。
毎日の生活の中で、口から口への【経口感染】に注意してください。
とくにあげられている原因に【井戸水】があります。
大人よりも免疫の弱い子供への感染をいかに防ぐことができるのか。多くの方の共通する課題になっています。病気との関連では【胃癌】や【胃潰瘍】があげられています。
それらにつながる症状で気になっておられる方は是非、検査をおすすめします。早めの対策で対応のきく病気です。
症状の早期発見、早期に検査をうけることをおすすめします。

過酷な環境でも生息するピロリ菌

大人でもピロリ菌感染はあるの? 胃潰瘍や慢性胃炎、十二指腸潰瘍に悩む日本人は少なくありません。
胃の病気は、ストレスと深いつながりがあります。
ストレスが強い職場で働いたことで、胃の病気にかかってしまった人も多いです。
しかし、最近では、ストレスだけでなく、ピロリ菌も胃の病気の原因だと判明しています。
ピロリ菌が発見されるまで、過酷な環境と言える胃の中では、どのような菌も生息できないと考えられていました。
しかし、発見されたピロリ菌は、過酷な環境でも生息していたのです。
強い酸性の胃の中で生息できた理由は、ウレアーゼという酵素にあります。ウレアーゼは、胃の中の尿素を分解することでアンモニアを作ります。
そのアンモニアはアルカリ性なので、菌のまわりは中和されます。 そのため、生息することが可能だったのです。
内視鏡検査などのピロリ菌検査で、陽性と診断された場合、薬で除菌することができます。通常、2種類の抗菌薬と、胃酸の分泌を抑える薬を服用することになります。