<<慢性胃炎の治療とピロリ菌>>

ピロリ菌は定期的に検査が必要?

ピロリ菌の感染により薬で除去した場合、その後は安心なのでしょうか?
感染後、薬で除去した場合にも再度感染する可能性はあります。
そのため、定期的に感染の有無を病院で検査する必要があります。
さらに、趣味で登山をされる方は山の湧き水や沢の水を飲む機会があります。
山の湧き水や沢の水にはピロリ菌の存在が確認されています。
ですから、そのような水を飲んだ場合にはピロリ菌に感染する可能性があります。
少しでも山の水や沢の水からの感染を予防しようとする場合には、煮沸することが有効です。
趣味で登山をされる方は、山水をいったん煮沸してから飲むようにすることで、感染のリスクを低減することが可能です。
山などで、そのまま山水や沢の水を飲むことがある場合には、定期的に病院で菌の検査を受ける必要があります。
また、管理されてない井戸水や湧き水などにも菌が存在することがありますので、そのような水を飲む方も定期的な検査が必要になります。

ブロッコリースプラウトでピロリ菌を抑制!

ブロッコリースプラウトでピロリ菌を抑制! 最近話題の野菜の一つがブロッコリースプラウトです。
なぜ、話題なのかというとガン予防やアンチエイジングといった効果があるからです。
その効果の素となっているのが主成分のスルフォラファンです。
スルフォラファンは解毒作用・抗酸化作用が高いため、そのような効果を得ることができるのです。
そしてスルフォラファンの効果の一つがピロリ菌の抑制です。
ピロリ菌は感染すると胃に棲みつき、ひどい腹痛や胃がん、胃潰瘍の原因になります。
しかし、スルフォラファンは除菌効果が高いため、ピロリ菌までも殺菌することができると考えられています。
そのため、ピロリ菌を予防したい方にはおすすめの野菜なのです。
このようなことから、ブロッコリースプラウトは注目の野菜となっています。
そのため、美容効果を高めたい方はもちろん、腹痛を抑えたいという方、胃がんや胃潰瘍を予防したいという方にはブロッコリースプラウトを積極的に食べることをおすすめします。