<<ピロリ菌の検査方法と費用>>

血液検査によりピロリ菌検査の費用

ピロリ菌検査の費用 ピロリ菌の検査は、病院で行うのと、ネットで申し込んで行えるものがあります。
費用については、病院だと3000円少しでできますが、ネットで購入して自宅でするキット検査は、6000円から7000円かかります。病院うけたほうが安いです。
血液検査では、血液中のピロリ菌を調べることではなく、免疫機能の抗体をはかるのです。感染していても、抗体ができるまでは、陰性がでる場合があります。
ピロリ菌の検査には、いろいろな種類があるので、自覚症状も含め、医師と相談しながら、結果をみてすすめるといいです。
数値が悪くて、そのまま放置しておくて胃癌の原因になることもあります。症状が悪ければ、医師の指示を受け、1週間程、数種類の抗生物質を飲み続け、医師にかかること大事です。ほとんどの場合、いなくなります。
血液検査の場合は、血液を採取して、ピロリ菌に対抗する抗体が含まれるかどうかを調べるものです。
病院によって、検査の費用は違うので、血液検査での費用がどのくらいなのか調べていくといいです。

赤ちゃんでも受けられるピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査にはいくつか方法がありますが、内視鏡を用いたり、試薬を飲んで呼気を調べる、採血するなど赤ちゃん向けではありません。
赤ちゃんでも簡単に受けられる方法はあるのでしょうか。
唯一、赤ちゃんが全く負担なく受けられる方法は便の中に菌が居るかを調べる抗原検査です。大人の検査と同じように採便のキットを使い、おむつに付着した便をこすりつけて提出するだけでよいのです。便の中に抗原が認められた場合は感染していることが確定するので分かりやすい方法です。
ピロリ菌に感染するのは幼少期と言われており、口移しの食事や不衛生な水道の使用などが原因と言われています。そのことが公になってから感染リスクは減少していますが、感染率は0ではありません。
ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因となる細菌であり、その有無を調べることは全ての世代で重要です。
小さなお子さんを将来の病気から守るために、ぜひ一度お調べになることをおすすめします。