<<薬による除去と副作用>>

ピロリ菌の除菌で起こりうる副作用とは

除菌で起こりうる副作用 ピロリ菌の除菌は薬剤を服用することにより行われます、この薬剤は1種類ではなく幾つかの薬剤を組み合わせたものを服用します。
主に胃酸を抑える薬、ペニシリン系の抗生物質、そして他の抗生物質か抗菌剤という3種類を組み合わせ、1日に2回の服用を1週間続けるという3剤併用療法が行われます。
この時、抗生物質や抗菌剤によりピロリ菌だけでなく普段から腸の中にいる様々な細菌類もダメージを受けます、細菌の種類によってダメージの度合いが違う上に善玉菌か悪玉菌かの違いも問わないので腸内の細菌バランスが崩れ軟便や下痢、腹痛、ガスが溜まることによるお腹の張りが起きやすくなります、稀に下痢が酷くなると血が混じったり大腸炎を起こすこともあります。
また、例は少ないのですが3剤併用で使われるそれぞれの薬剤そのものの副作用が現れることもあります。じんましんや発疹、口内炎や舌が荒れるなどの症状、味覚異常などがあります。
ピロリ菌の除菌治療中に体の異変に気付いたら些細なことでもすぐに医師に報告しましょう。

ピロリ菌の除菌は薬で簡単にできる

高齢になると誰でもガンになるといわれるくらい、なる可能性が高いものです。しかしガンはとても怖い病気です。
薬で治すことが極めて難しいもので治療となると手術や抗がん剤が中心です。しかし予防することができるものやリスクを下げることができるものがあります。その一つに胃ガンがあります。
胃ガンの原因といわれているものにピロリ菌があります。ピロリ菌を除菌することができれば胃ガンのリスクをかなり下げることができます。家系に胃ガンの人がいた場合はすぐに検査をしてみましょう。
ピロリ菌を除去する方法はとても簡単です。薬を一週間飲むことで除菌することができるのです。内視鏡検査や血液検査や呼気の検査でピロリ菌の有無を診断します。そこで見つければ除菌します。
一回目でほとんどの人が除菌することができます。しかしそれでダメだった場合でも、二回目、三回目と違った薬で治療すことができます。
とても簡単な方法で胃ガンのリスクをかなり減らすことができるので早めに検査を受けることをおすすめします。